3Dプリンター木型事業

  • 高精度である必要はないので、安く木型を作りたい
  • 製品モデルのサンプルを出力したいが、切削加工は高すぎる
  • 鋳造方案を2パターン用意したいが、交換作業を簡単に行いたい
  • 量産品とは異なる形状の製品が、一つだけ欲しい

低コスト造形

当社の3Dプリンター造形はFDM方式の3Dプリンターを使用します。
造形開始まで数分で完了し、ランニングコスト・イニシャルコストの面でも有利です。
FDM方式の特徴は、ABSやポリカーボネートといった耐久性や耐熱性に優れた材質を使用するため、過酷な状況にある砂型鋳造にも対応します。


鋳造方案の造形

簡易的な木型として利用するだけでなく、3Dプリンターで造形することで、長時間かけて作っていた複雑な鋳造方案もCADデータに準じた造形が可能となります。
近年ではCAEに基づく方案製作もコストUPの原因でもあり、これらの問題を3Dプリンターで解消します。また、複数パターンの鋳造方案を試す際にも造形で対応します。
工具長による制約を受けないので、深く狭い箇所まで鋳造方案の設置が安価で可能となります。


砂型積層造形装置への対応

2010年より砂型積層造形装置向けのSTL方式のCADデータ作成事業に取組みました。
固め方や積み方にも様々な方法があり、ガス抜きの配置など、経験と実績を有しています。
シリンダーヘッドやブロックのウォータージャケット、ターボチャージャーのハウジングのような複雑な中子形状も一体成型することができ、シェルやコールドボックスを使用しなくても、主型を木型+3D積層で中子を製作することで、木型のみの工法と比較し、短期提供を実現します。

当社の3Dプリンターは、形状確認や造形装置の積層方向の検討にも役立ちます。